コア技術 ナノ粒子の独自合成法 | 株式会社 アクト・ノンパレル

コア技術 ナノ粒子の独自合成法

貴金属ナノ粒子による表面修飾技術

大阪大学で開発された独自手法により、足場となる材料(担体)の表面に、貴金属ナノ粒子を直接固定化(担持)することができます。想定される用途に応じて、担体種と貴金属種を組み合わせます。

◇担体種 :セラミックス、カーボン、高分子 等
◇担体形状:粉末、板状、繊維 等
◇貴金属種:Au, Pt, Ag, Pd, Ph, Ru 等
(PtPd, PtCu等の二元系も対応可)

複合ナノ粒子の例

用途 担体 貴金属
バイオ用磁気ビーズ 磁性ナノ粒子 貴金属”>金ナノ粒子
燃料電池触媒 カーボン 白金ナノ粒子
抗菌繊維 繊維 銀ナノ粒子

貴金属の粒子径や担体への担持量は合成条件により制御されます。貴金属種と担体種の組み合わせ次第で、制御できる範囲が異なります。

PtRu/Carbon , Pt/TiO2 Nanotube , Ag/Polyester Fiber

独自合成技術:放射線還元とは 

  • 出発原料水溶液に放射線を照射するだけの簡単なプロセスです。
  • 水の放射線分解で生成する活性種により、貴金属イオンが還元されます。
  • 生成した貴金属ナノ粒子は、足場となる担体表面に強固に担持します。
  • 放射線照射は既存の商業用・研究用の照射施設を利用しています。
  • 線源には、ガンマ線や加速器電子線を利用します。
    ◇医療器具の滅菌や半導体材料の改質、食品照射等にも利用されています。
    ◇被照射物が放射能を持つことはありません。
  • 医療器具の滅菌と同程度以下の線量で合成が可能です。

・特許第4069193号,第4854097号取得

放射線を利用した独自ナノ粒子材料合成法

還元反応式

還元反応式

お客様の要望に応じた複合ナノ粒子を提供いたします。

株式会社アクト・ノンパレルでは、試作加工や技術相談等のご依頼に幅広く対応しております。

多くの企業・大学・研究機関からのお問い合わせを頂いております。

お客様の材料表面への貴金属担持処理試作や、複合ナノ粒子のカスタマイズ等、何でもお気軽にお申し付けください。