バイオ用金磁性ナノ粒子 -GoldMAN のご紹介- | 株式会社 アクト・ノンパレル

バイオ用金磁性ナノ粒子 -GoldMAN のご紹介-

GoldMANの特長

◇磁性粒子の表面に、金ナノ粒子が高密度に担持しています。
◇磁性粒子の磁気特性と、金ナノ粒子の表面特性を併せ持ちます。
◇金ナノ粒子の修飾により、担体材料の特性は損なわれません。

担持

磁性に関して

◇GoldMANの磁気特性は、担体として用いる酸化鉄ナノ粒子の特性に依存します。
◇例えば、粒径20~100 nmの酸化鉄を使用すれば、簡便に磁気捕集できます(下図参照)。
◇お客様ご指定の磁性ナノ粒子に、金ナノ粒子を固定化することも可能です。

通常状態△通常状態

磁石で回収した状態△磁石で回収した状態

金ナノ粒子を介した表面修飾法

金ナノ粒子の研究で検討されている表面修飾方法を全て適用できます。
化学結合を介さない「混合するだけ」というマイルドな手法
SH基を介さずとも、多くのタンパク質と強い親和性を示す
金と-SH基との選択的かつ強固な結合特性を利用可能
金に親和性を示すタグ(メチオニンタグ)も開発済

金磁性複合ナノ粒子※金を介して酵素を固定化した例。
従来の化学結合法よりもはるかに高い酵素活性を保持させることに成功しています。

 

実施例

img_pro1_1
参考文献 S. Seino, Journal of Nuclear Science and Technology (2016) Vol. 53, pp.1021-1027.
S. Seino, MRS Advances (2016) vol. 1, pp. 705-710.
Y. Imoto, Biocontrol Science (2017) vol.22, pp. 47-53.
用途毎にカスタマイズした粒子を提供します

皆様のニーズに応じて、カスタマイズした粒子材料の提供が可能です。製品開発から基礎研究まで、幅広く対応させて頂きます。

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せ下さい。

Customized Au/Iorn-ozide composite nanoparticles for each application.

Customized Au/Iorn-ozide composite nanoparticles for each application.
(Left: GoldMAN for in-vitro applications, Right: GoldMAN for in-vivo applications)